RSS | ATOM | SEARCH
『本年も宜しくお願いします』

山栄建設株式会社 2017年の営業がきょうからはじまりました
本年も宜しくお願いします

 

 

お正月休み、いかが過ごされましたでしょうか。...
山栄建設の家に住んでおられる方がこんなお話をしてくださいました。
「お正月休みに実家へ帰ったら、実家が寒くてさむくて、いままで暖かいのが普通だとおもっていましたが、普通の家ってこんなにも寒かったのですね。
最近では泊らずに日帰りですよ。冬、暖かい家は嬉しいです。良い家をありがとうございます」と。

今年もたくさんの笑顔とありがとうの言葉をいただけますように 頑張ります!

author:sanei01, category:社長, 16:22
comments(0), trackbacks(0), - -
まきストーブ

 

もう年末。気忙しい毎日ですがお客様のお宅に伺った時にこのまきストーブに癒されました。

ソファーに腰かけて炎を見ているだけで幸せな気持ちになります。

皆様、今年も大変おせわになりありがとうございました。

また来年もよろしくお願い致します。

author:sanei01, category:平松, 12:59
comments(0), trackbacks(0), - -
今朝の霧です

今朝は前が見えないほどの濃い霧でしたね。
車のヘッドライトの前を浮遊する霧を撮影してみました。

 

 

 


浮遊しているのは微小な水滴です。

沸騰しているヤカンの先に出ているものやお風呂の湯気と同じものです。

 

空気は温度によって水蒸気を含むことができる量が変わります。...
暖かい程多くの水蒸気を含むことができます。

霧は大気が露点温度以下になり、水蒸気を抱えきれなくなって溢れたものです。

家の中での理想の状態である温度20℃ 湿度50%の露点温度は10℃です。
10℃以下のものや場所で結露が発生します。

山栄建設の家FB工法は 床下のエアコンで暖房します。
温まった空気が床下、壁の中、天井裏の六面で家をすっぽりと囲います。

結露の発生しにくい家
この冬、しくみを見学してみませんか

山栄建設株式会社
福山市御幸町下岩成1144−3
電話084−955−7700

※山栄建設株式会社のFacebookページに「いいね!」してね♪
https://www.facebook.com/3a.sanei/
※HPはこちら→ http://www.aaa-sanei.com/

author:sanei01, category:社長, 20:22
comments(0), trackbacks(0), - -
こんなところに熱交換

福山市北部 服部の大池で撮影したオシドリです。
水鳥は長い時間足を水の中に浸けたままですが、足で冷やされた血液が心臓に戻って体調が悪くならないのか心配したことはありませんか。

 


実は、水鳥たちは、足の温度と身体の温度とが違うのです。

仕組みはこうです。脚の付け根に熱交換器があります。...
足の冷たい血液と身体の温かい血液が脚の付け根の熱交換器で熱のやりとりを行うことによって身体には常にあたたかい血液が、足には常に冷たい血液が流れるようになっています。

※住まいにも熱交換器を使っているのが山栄建設の家 FB工法です。
温められた室内の空気の温度と湿度を熱交換換気扇で外の新鮮だけど冷たい空気と入れ替えます。

具体的に、室温20℃、外気温0℃の時、山栄建設の家場合は外の新鮮な空気が14℃程度で室内に入ってきます。

二時間に一度、居室の空気の入れ替えが義務付けられています。

換気すればするほど、どんどん寒くなっていたのが今までの家。
寒くなった居室を暖かくするのに相当のエネルギーを使っていたのが今までの家

山栄建設の家は 暖房費も抑えた身体にも家計にもやさしい家です。
自然に学ぶ家づくり。 山栄建設の家で使っている熱交換の仕組みをご覧になりませんか。

福山市御幸町下岩成 1144−3
山栄建設株式会社
電話 084−955−7700

 

※山栄建設株式会社のFacebookページに「いいね!」してね♪
https://www.facebook.com/3a.sanei/
※HPはこちら→ http://www.aaa-sanei.com/

author:sanei01, category:社長, 20:05
comments(0), trackbacks(0), - -
ん!
こんばんは、社長の山本です。
先日のことです。山の中の片側一車線道路を運転していて、農機具小屋の横に居るウサギを見つけました。
よく見つけたね。と言われますが、普段と違う状況に出会うと ん? と思う能力は誰にでもあるのではないでしょうか。
その ん? と感じる感性で現場でのミスや事故を防ぐことがあるとおもいます。
※18日と23日と25日 山栄建設の家 FB工法で建てた築20年の家 見学予定が入っています。
冬暖かいだけでない不思議なボックスFB工法。 あなたも体感してみませんか。
福山市御幸町下岩成 1144−3
山栄建設株式会社 
084−955−7700
author:sanei01, category:社長, 17:53
comments(0), trackbacks(0), - -
朝、気持良く起きることができる幸せ♡

夜の天気予報で「明日の昼間は快晴です」という日の朝は、放射冷却でものすご〜く寒くなります。
朝、お布団から出たくな〜い。 あ〜寒い台所に行くのが嫌だ〜。なんて思われる人も多いでしょう。

 


高断熱・高気密FB工法なら、そんなお悩みとは無縁になれます。
【冬じゅう、家じゅう全てが暖かい家】 本当かどうかご覧になりませんか。
冷やかし大歓迎 体感してみないとこの快適さはわかりません。

...

山栄建設株式会社
福山市御幸町下岩成 1144−3
電話084−955−7700

author:sanei01, category:社長, 18:07
comments(0), trackbacks(0), - -
さるまね厳禁

「高気密・高断熱。外断熱がブームだからわが社も今日から取り入れよう」。と“さるまね”で取り組めるほどこの工法は簡単なものではありません。

 

 


特に気を付けなければいけないのが“湿気の管理”です。

温度20℃、湿度60%の空気は12℃以下の場所で結露します。
暖房の無い押入やトイレはもちろんのこと、床の下、壁の中、天井裏でも結露は発生します。

...

雨漏りを思わせるような天井からの水滴。
水道トラブルを思わせるような床下の水たまり。

これらを解決するには、床の下、壁の中、天井裏を室温より暖かくして結露の発生を防ぐしかありません。

断熱・気密・空調・換気のバランスのとれたFB工法の仕組みを是非ご覧ください。
広島県福山市御幸町下岩成 1144−3
山栄建設株式会社 084−955−7700

author:sanei01, category:社長, 17:39
comments(0), trackbacks(0), - -
自然界にはひとつとして同じものはありません
「自然界には同じものはひとつとしてありません。だから山本さんの描いた絵のように同じ方向に同じ長さの草が続いているはずがないのです」。と亡くなられた水墨画の先生によく指導されました。
私たちの暮らしも、同じものはひとつとしてありません。
建てる場所も、家族構成も年齢も、ライフスタイルも趣味も全て違って当然です。
車を選ぶときには目的に応じて選ぶのに 家を選ぶ時は所詮家なんてどれも同じだろうと最初から思い込んでいませんか
家は全て違います
そして、真冬でも真夏でも快適で省エネなのは山栄建設の家 FB工法です。
author:sanei01, category:社長, 17:33
comments(0), trackbacks(0), - -
30サイクルって
昨日の月です。ご覧になられましたでしょうか。月齢は15.4だそうです。 
月齢とは新月から何日経過したかを表しています
新月が0、翌日が1、翌々日が2、・・・と、1日に1ずつ数を増します。
月齢7で上弦、15で満月、22で下弦、30=0で新月となります。(アバウトです)
ふと、日本の住宅事情を思い浮かべました。【30年で建て替える家】って
もちろん日本には30年以上持っている家も寺も神社もたくさんあります。
30年で建て替える家と長持ちする家の違いは 柱や壁が呼吸しているかどうかです。
呼吸する高気密・高断熱住宅 FB工法の呼吸の仕組みを是非ご覧ください。
現地でご説明させていただきます。
広島県福山市御幸町下岩成 1144−3
山栄建設株式会社 084−955−7700
author:sanei01, category:社長, 11:32
comments(0), trackbacks(0), - -
ヒートショック“0”住宅

広島県内で撮影しました。

 


寒暖の差があるほど紅葉は美しくなるといわれます。

美しい紅葉は歓迎ですが、家の中での急激な寒暖の差(ヒートショック)は身体に悪影響を与えるので歓迎できません。

...

年間一万人以上の方がヒートショックにより亡くなられています。

山栄建設の家 FB工法は、家じゅうをすっぽりと暖かい空気で包み込んでいるので、リビングも脱衣場も一日中同じ温度。まさにヒートショック0住宅です。

山栄設の家 FB工法 快適さを是非体感してください

広島県福山市御幸町下岩成 1144−3
山栄建設株式会社 084−955−7700

author:sanei01, category:社長, 18:16
comments(0), trackbacks(0), - -